2019.09 石川 真衣 個展 『 Lost Records 』

 

2019年9月に当ギャラリーにて版画家 石川真衣さんの個展を開催致します。

 

会場に彼女の分身である牡丹ちゃんと愛犬レオとの運命と魂を探る物語が拡がります。

 

多色刷りによるリトグラフとフルカラーのシルクスクリーンによる思い出の一コマたち。

 

牡丹ちゃんとレオの12年間の軌跡を会場でご堪能頂けたら幸いです。

 



展示会情報

 

会期:2019/9/19(木)~9/30(月) ※定休日:10/24(火)、10/25(水)

 

時間:13:00~18:30(最終日は17:00まで)

 

会場:gallery hydrangea(東京 曳舟)

 

音楽:Oeil-ウイユ-(作曲家)

 

入場無料

 


 

作家プロフィール

 

石川 真衣(ishikawa mai) 

60~70年代の劇画マンガやアングラ演劇が題材としていた精神的な暗がりや世界観に影響を受けつつ、幼い頃に見た少女アニメからアートを学びました。

劇場のポスターやアニメーションのような物語を感じさせる版画作りを意識しています。

版画芸術への理解とリスペクトをベースに、多色刷りによるリトグラフ作品、フルカラーのシルクスクリーン作品を制作しています。

また、シルクスクリーン刷りのTシャツやトートバックとなどの雑貨も制作しています。

 

 

展示経歴

 

2010年

 個展『版画少女絵巻』 @銀座フォレスト/東京


2011年

 個展『レオと待ち合わせ』 @MILK CROWN CAFE/東京


2013年

 個展 @ギャラリーb.tokyo/東京

 FEI PRINT AWARD受賞者展 @フェイアートギャラリー/東京


2014年

 個展『RETRIEVE』 @代官山GALLERY SPEAK FOR/東京


2016年

 個展『HANGA RETRIEVRE』 @代官山GALLERY SPEAK FOR/東京


2017年

 個展『KAIKO』 @The Artcomplex Center of Tokyo/東京


2018年

 個展『HANGA EMAKI』 @恵比寿AL(GALLERY SPEAK FOR企画)/東京


2019年

 グループ展『たんざく展』 @新宿伊勢丹/東京

 



 

 

楽曲アーティスト

 

Oeil -ウイユ-

造花と廃墟を奏でる。

剥がれた内壁、壁の隅に積もる埃、湿気と空間に漂う黴の臭い

そこに置き去りにされたモノたちの心象風景を日々紡いでいます。

蝙蝠が好き。

甘党。


会場にて1st album 『Into the dolls』を展示販売致します。


アルバムコンセプト

澱みなく繰り返される静寂と絶望、悪夢と戯れ。

人々が去った屋敷に置き去りにされたとある人形が見た風景を

精神的、物質的などいろんな視点から

拾い集めたり摘み取ったりして一つの楽曲集にさせて頂きました。


全7曲入り 800円

1. Utérus 

2. Into the dolls

3. Mort et naissance

4. Autolyse

5. アルマの幸福な悪夢

6. 擬態

7.  造花と犠牲