榮 真菜 個展 『 群 衆 の 中 の 異 形 へ 』

 



正しいとされている形は群れをなし、力を持つ。


ふとした時、私は常にある私自身の形に息苦しさを覚える。


それは、私たちが変遷を繰り返す過程で、自分の中の異形に気がつく瞬間。


これは、日常や人の中に溢れ、形を成した異形へ光を贈る物語。




展示開催日:2018/8/5(日)・8/11(土)・8/12(日)・8/18(土)・8/19(日)・8/25(土) 


展示時間:13:00~18:30(最終日は17:00まで) 


展示会場:gallery hydrangea(東京 曳舟) 


入場料:無料




作家プロフィール


榮 真菜 SAKAE  MANA


幼い頃から習慣や形に押し込まれた「らしさ」を求められる事に違和感をおぼえていた。  

そして、自己の曖昧さを肯定する一方、はっきりと現れた形を持つ物質に強い憧れを抱く様になった。

無機質的なモチーフに自己投影を繰り返す内に、そこに血の通った形(フレーム)や思想を見いだしていきたい。 

描く事によって自分や相手の持つ、輪郭や内に秘めたる願いを刺激したい。 

私たちは、何かへと変遷し、それらと繰り返し向き合わざるを得ない。

それ故に、私は絵を通じて、人の成る選択の多様性を照らして行きたい。


1991年 東京生まれ

2013年 お茶の水美術専門学校4年制 卒業 

第10・11・12・21回三菱商事アートゲートプログラム 入選 

2014年 銀座スルガ台画廊 個展

2015年 銀座スルガ台画廊 個展

2016年 銀座スルガ台画廊 個展

2016年 国書刊行会 ステファン・グラビンスキ著 芝田 文乃訳 『狂気の巡礼』 装画担当

2017年 八犬堂 -KENZAN- 見参 二子玉川 参加

2017年 八犬堂 アートのチカラぷち! 新宿伊勢丹 参加

2018年 銀座スルガ台画廊 レスポワール展 個展

2018年 八犬堂 骨のあるアート展 新宿伊勢丹 参加

2018年 八犬堂 たんざく展 新宿伊勢丹 参加


その他公募展、企画展参加