2022.11 sakura solo exhibition『 Silent Vision_004 』

 

2022年11月に当ギャラリーにて人形作家 sakuraさんの個展を開催致します。

 

貴方が人形を見ている時、人形もまた貴方を見ていると言えます。

 

しかし人形が見ているものは、もしかすると全く別のビジョンなのかもしれません。

 

人形と鑑賞者との間に物語が紡がれる空間を是非ご体験頂きたく存じます。

 


 

展示会情報

 

会期:2022.11.17(木) ~ 11.21(月) ※5日間の開催です

 

時間:13:00 ~ 18:30(最終日は17:00まで)

 

会場:gallery hydrangea(東京 曳舟) Access

 

音楽:kosaka to-ru(https://ksk-03.wixsite.com/kosaka-to-ru

 

入場無料

 


 

展示コンセプト

 

Distance to the doll


人形は静かなvisionを見ている。

問い掛けても応えてはくれない。

- The dolls that I created are looking at the silent vision. They are not respond to questions.


その距離を心地よいと感じたとき、

visionを垣間見ることが出来るのかも知れない。

- When you feel comfortable at that distance, you may be able to catch a glimpse of the vision.

 


 

作家プロフィール

 

人形作家 sakura

twitter:@sac_xxxx

instagram:@x_sac_x

 

私の生み出す人形が愛玩物として

その人に寄り添うのではなく、

一定の距離を保ちながら

「見る者が対自する為の他者」と

なり得ることを願う。

- They do not snuggle up to the person as a toy, rather than I hope my dolls to be as a “ others for the perceiver to face one-self ” while maintaining a certain distance.

  

経歴

2004-2010 人形作家 山吉由利子に師事

 

個展

2010 SILENT VISION

2017 DoN't moVe

2018 beyond_silence

2019 Silent Vision 001

2020 Silent Vision 002

2021 Silent Vision 003

 

以上

 

「 No.41 」 (2021)

 

 


 

楽曲アーティスト

 

作曲家 kosaka to-tu  /  小坂 透

 

距離と関係性を主なテーマに制作する。

作品の範囲を物自体で完結させず、会場にもうけたルールや音などと関係させ、空間全体に広げて捉えている。

また2019年より、同居人と「生活ユニットもみのき」を結成。

生活をしながら、ひとりとふたりの中間の距離感で、何かを一緒につくろうとする。

会場にて新作楽曲を展示致します。

 

 

以上、

皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

 

gallery hydrangea(ギャラリー ハイドランジア)

新着情報をお届け致します。